サービスのメリットとデメリットを知ってファクタリング会社を探そう

Factoring

ファクタリング会社の対応サービス内容

女性

同じ売掛金買取サービスであっても、ファクタリング会社によって分野の得意不得意が存在しています。まず前提としてファクタリングには「依頼会社」「ファクタリング会社」「取引先会社」という、必ず3つの会社が関わり合う事が基本となります。そしてファクタリング会社によってはオーソドックスに「3社間取引」を得意とするところもあれば、よりシンプルな「2社間取引」を得意とする業者など違いがある事を覚えておきましょう。
「2社間」「3社間」、これらファクタリングサービスの違いに優劣はありませんが、それぞれに利用しやすさと問題点があるのに注目です。多くの業者が提供している3社間のファクタリングは、ファクタリング会社と取引先企業が直接コンタクトを取るスタイルなので、様々な手続き問題などがスマートに進みます。しかし、まだ社会的認知度の低いサービスですので、取引先企業によっては怪しんでサービス介入を拒否してしまうというデメリットがあるのです。
2社間のファクタリングは各種手続きなど必要なフローが依頼側企業に多くなる分、業者と取引先が関わる心配がありません。より安全性を求めるのであれば、こちらが無難な方法だと言えるでしょう。これから売掛金売買による資金調達を考えている方は、ファクタリングサービスの違いについて覚えておくと良いでしょう。売掛金は上手に資金化して下さい。