サービスのメリットとデメリットを知ってファクタリング会社を探そう

Factoring

取引先が万が一倒産してもリスク回避できる

男女

企業間のビジネスにおける売掛金ですが、ごく稀に取引先企業が倒産してしまうという最悪なケースがあります。業績が好調な企業であっても、不正やスキャンダルによって予測できない倒産を招いてしまう事はゼロパーセントではありません。そうなった場合、支払い義務のある売掛金が予定通りに支払われる可能性は非常に低くなってしまうでしょう。しかし事前に専門会社に売掛金を買取してもらえるファクタリングサービスなら、取引先倒産による破綻リスクを未然に防ぐ事も可能となります。
基本的には経営資金の調達目的で行うのがファクタリングですが、前述したように保険的な目的で活用するというのも賢い利用法となります。一定金額の手数料が引かれてしまうものの、会社倒産による売掛金全額回収不能という事態と比べれば、10%~30%の手数料はリスク防止費用として妥当な出費だとも解釈できるでしょう。
ファクタリング会社の審査をクリアするぐらいの会社ですから、よっぽどの事が無い限り倒産するというケースは稀です。しかし現代日本企業というのは、思わぬ事から大企業が倒産してしまう事も決して珍しくは無いので、転ばぬ先の杖としてファクタリングを利用した売掛金の早期回収という方法を覚えておくと良いでしょう。