サービスのメリットとデメリットを知ってファクタリング会社を探そう

Factoring

ファクタリングは困った時に役に立つ優良サービス

新規事業を立ち上げて、これまで低調だった会社を何とか盛り返したいと考えたさい、「まあ、いいでしょう」と銀行がすんなりお金を貸してくれたら、スタートダッシュは完璧ですが、銀行は残念ながらあまり優しいところではありません。現在負債を抱えている場合は大きく審査に響くので、会社の経歴に「キズ」があれば、融資は受けにくくなります。そういった、負債はあるけどビジョンはある経営者の方に打ってつけなのが、ファクタリングと呼ばれる融資サービスです。
ファクタリングの利点としては、このサービスを利用しても負債として記録に残らないという点が挙げられます。と言うのも、利用者は売掛債権を譲ってファクタリング会社から資金を提供してもらうというシステムになっているので、いわゆる融資とはシステムが異なっているからです。売掛債権がいわば担保としての役割を担っているため、持っている不動産を担保に入れる必要はありません。また、保証人も要求されないので、慌てて頭を下げて回る必要もありません。これだけでも、ファクタリングは非常に使い勝手の良いサービスだと言えます。まとまったお金がどうしても必要だという人は、金融機関よりもファクタリングの会社に相談したほうが、お金を確保できるかも知れません。

ファクタリング会社の存在する理由とメリット

ファクタリングというサービスをご存知でしょうか?ファクタリングとはサービスや商品の納品が完了しており、売掛金の支払い期日がまだ先で取引先から売掛金が支払われてないものをファクタリング会社が買取りをして、即現金化をするというものです。ファクタリング会社は企業と企業の中間に立ち、支払い期日より先に現金の提供と支払期日になってからの回収を行っています。

支払い期日を設けたものの、急に会社の経営が不振になってきた、急な出費がかさんで現金が必要など会社を経営をしていると毎日お金は変動していき、その流れによって支出と収入を繰り返していきます。ファクタリングは売掛金があるけど、現金が手元に無くて困っている企業や会社などをサポートしていく仕組みになっています。

銀行から融資を受け取る場合は、経営状況などが審査されますがファクタリング会社は審査などが一切無いので銀行の融資よりも簡単に現金を手に入れることができます。また、ファクタリングをする際は2社間と3社間を通すかファクタリング会社によって変わってきます。この違いは手数料と、取引先である企業に通知が行くか行かないかというところもポイントとなってきます。ファクタリングをする際は条件などもしっかり見た上でファクタリング会社を決めましょう。

即日対応可能なファクタリングサービスは新しい旋風を巻き起こす

会社経営をしていると急を要する出費などは日常茶飯事です。どこでいつ何が起きているのかビジネスの世界では常に目を光らせていないといけません。ビジネスではいかにコストを抑えて、ハイリターンを出すかの世界です。売掛金はここで厄介な代物になってくるのです。売掛金の支払い期日はまだだけど即日現金が必要となった場合、取引先に期日を前倒ししてくれと頼んでみても答えはノーが9割です。

売掛金の支払い期日は前もって契約で決まっているし、それを破ったわけではないのに請求することはできません。取引先には取引先の都合があるので、それを乱すことはいくら売掛金があってもできません。ビジネスの世界は歯車が合わさってできているのです。一つが乱れると全てが乱れてしまいます。そこで活躍するのがファクタリングです。ファクタリングは売掛金を売却することで即日現金化にすることができます。

ファクタリング会社は即日対応してくれるところも多くあり、会社経営者からすると強い味方であることは間違い無いです。即日現金が手に入ることも最大の売りですが、元々は売掛金なので負担が少ないといった点でも大きなメリットと呼べます。ファクタリングは会社経営にとって新しい風を巻き起こす予感です。